Rosy’s バイリンガル子育て Cafe

東南アジアでバイリンガル子育て中。Expad Wife & International Schoolライフ。英語・日本語・算数のおうち学習、子連れ旅行、美容など

ロックダウンのマレーシアその③(5/12まで再々延長決定) 

Good day! 

マレーシアのインター校で子育て中のRosy(ロージー)です🌹

 

さて、マレーシアのロックダウンは、

「5/12まで延長決定」

(さらなる延長の可能性も示唆)

と、昨日(4/23)発表されました。

 

日本は、完全なロックダウンはしないだろうけど、

これから似たような試みをしていくかもしれないので、

一足お先にロックダウンを経験した者として情報をシェアしたく、

「一居住者から見たロックダウン生活(マレーシア)」

をまとめてみています。

 

今日はその③。「第二フェーズ」についてです。

その①、②からの続きです。

(※間違いがあったらすみません。追って訂正します)

mrsrosy.hatenablog.com

mrsrosy.hatenablog.com

 

 

■ロックダウン第二フェーズ 4/1~4/14(14日間)

第二フェーズの追加事項は、主に、時間的な制限が加わった形です。

わかりやすくまとめた図がこちら。

出展:https://www.bernama.com/en/infographics/index.php?v=5890

 

■スーパー(日曜悲痛品店)、飲食店(デリバリー・テイクアウトのみ)、

 市場、ガソリンスタンドなどののサービスは午前8時~午後8時まで。

 

■公共交通機関の運行時間の時間短縮。午前6時~10時、午後5時~10時だけ。

 

■タクシー等は午前6時~午後10時

 

そして、はっきりきっぱりと、

 

■車1台に、人は1人!

(通院などで、運転手と患者が別の人の場合はOKです)

 

■私有地ならびに公共の場での

 レクリエーション及び社会活動(体操や運動)の禁止

(サイクリングの絵付き)

 

と書いてあります。

私有地、つまり、塀で囲まれてゲートで入退管理されている

コンドミニアムの敷地内でお散歩したりジョギングしたりするのもだめ!

ってことなんです💦 これは厳しい・・・

 

私の住んでいるコンドミニアムでも、

ロックダウン初日など、多くの住人が夕方にお散歩に出ていました。

知り合いのファミリーに会ったりもしましたが、

みんな状況を理解しているので、

近づいて行って話したりはせず、遠くから一声かけたり

すれ違いざまに手を振るくらいでした。

 

飛沫が飛ぶような距離で話し込んだりするのはダメだと思いますが、

屋外で私有地内くらいは、軽い運動を禁止しなくてもいいのでは、と思います。

 

ーーー

 

 ちなみに、違反したときの罰則ですが、

1000リンギット(約2万5000円)以下の罰金、

6か月以下の拘留、もしくはその両方。

という感じです。

この罰金は高いでしょ…とか、守らない人が多いからこれでいい!などと

罰金の金額が多少上下したり、

ロックダウン後半になると、「罰金なしでいきなり拘留するからね!」

と罰則強化されたりしていますが、基本的にこんな感じです。

 

 

ーーー

 

マレーシアの感染拡大のいちばんの原因と言われているのが

2/27~3/1にクアラルンプール郊外のモスクで行われた

イスラム教の大規模集会です。

コロナに対してまだ危機感がさほど差し迫っていなかった時期で、

約16000人の参加者がおられたそうです。

イスラム教の礼拝は、悪いものが入ってこないように締め切って行うそうなので

まさに三密。

この参加者の方が発症するのが3月の中旬~下旬でしょうから、

その身近な方々に感染し、感染拡大するのが、

この第一フェーズの終わりから第二フェーズの頃にあたります。

 

ちなみに、世界の患者数の推移はこちらでチェックできます。

英語ですが、数字だけなので問題ないです。

www.worldometers.info

 

第一フェーズが終わりに近づいてきた3月下旬に、「延長」の報が入りましたが、

毎日の患者数が減っていないので、「ですよね」という感じでした。

 

これを書いている4/24時点では、

マレーシア国内の患者数の伸びは減ってきているようです。

ロックダウンの一定の効果が見られる中での、5/12までの再々延長なわけですが、

5/13日には、明けてほしいなあ。

 

 

つづきます。