Rosy’s バイリンガル子育て Cafe

東南アジアでバイリンガル子育て中。Expad Wife & International Schoolライフ。英語・日本語・算数のおうち学習、子連れ旅行、美容など

【ラーメンは日本料理】マレーシアで人気、日本のこってりラーメン

Good day! ラーメン大好きRosyです。

f:id:MrsRosy:20201101052537p:plain

 

過去記事にも少し触れていますが、マレーシアに来てから「日本のラーメン」という単語を何度も聞いたので、なぜわざわざそんな言い方をするのかな?と思っていたのですが、その理由がわかってきたので、今日は「マレーシアのヌードルと日本のラーメン」の違いをシェアします。


www.mrsrosy.com

 

 

✍️目次

 

🍜マレーシアのヌードルは、風味がシンプル

 マレーシアは中華系の方々も多いので、中華系のレストランもたくさんあります。ですが、日本の中華料理屋さんとのいちばんの違いが、そうしたお店の多くが「ハラル」であること。マレーシアはイスラム教の国で、イスラム教の方々はコーランで禁じられている「豚」を口にしません。アルコールもですね。そのため、「ハラル・チャイニーズ」と謳われるレストランには、豚肉料理がなく、ビールなどのアルコール飲料も置いていません。

イスラム教でない方々を対象にしている「ノンハラル」のレストランもあるので、そうしたお店には豚肉料理もビールもあります。でも、いずれにしても、ローカルのヌードルのスープは、比較的あっさりした風味です。なんていうか、油が少ないとは限らないのですが、コクが少ないというか、塩分が少ないというか、全体的にやや物足りない感じのお味が多い印象です。

大きなショッピングモールには、日本でも有名な台湾料理の「鼎泰豊(ディンタイフォン)」が入っていますが、ここの汁そばのスープが超薄味で、まったくと言っていいほど味がしなくてびっくりしました。みなさん、鼎泰豊では、汁そばではなく小籠包と炒飯をいただきましょう。よだれ鶏(口水鷄)などの逸品料理も美味しいです。

 

というのことで、こちらは、ノンハラルのお店の豚肉入りのローカルヌードル。

 

f:id:MrsRosy:20201101040453j:plain

↑豚肉と白菜で、ブラックペッパーのきいた辛めのスープ。


f:id:MrsRosy:20201101040456j:image

↑チキンワンタンと揚げ油揚げみたいなのが入った汁そば。チキンスープ。


f:id:MrsRosy:20201101040448j:image

↑広東風のあんかけそば。麺は揚げ麺なのでちょっと油っこい。

 

ショップロトなどにあるローカル感ある感じのお店だと、一杯200〜300円程度です。

 

🍜「日本のラーメン」はがっつり系

 

一方で、「日本のラーメン」はこんな感じ。

f:id:MrsRosy:20201101040758j:image

↑こってり赤い、しょうゆ豚骨スープ。


f:id:MrsRosy:20201101040755j:image

↑こってり白い豚骨スープのつけ麺(大盛り)

 

メニューが日本語、店員さん(マレー人)も「ぃらっしゃいませぇ」「ぁりがとうございましたぁ」と日本語でご挨拶してくれる、「日本」を前面に出した比較的こぎれいなお店で、一杯800円〜1000円くらい。

 

どちらも美味しくて、私は好きです。でも、ローカルのはなんとなくパンチが足りないことが多いし、「日本の」はこってりすぎて一度食べたらしばらくはいいかな。

やっぱり私は鶏出汁がきいたあっさり醤油味の細麺の「中華そば」って感じのクラシックなラーメンが好きかなぁ。こってり豚骨も、坦々麺も、酸辛麺も、トムヤムヌードルも好きなのですが。

 

帰国したら醤油ラーメン食べたいな。空港や都内でおすすめある方、教えてください。

 

基本的にはどちらも美味しくいただけるし、ショップロトのローカル中華レストランは敷居がそんなに高くなく、マレーシア初心者や中級者でも入りやすいですよ。

日本にいると、ラーメンは中華料理だと思っていましたが、日本のラーメンは日本料理なんですね。欧米でも人気ですものね、Ramen。

 

ではでは、また。

 

Rosy 🥀